TOP > News

News

第41回全日本美容技術選手権大会

神奈川県美容業生活衛生同業組合主催の第41回全日本美容技術選手権大会が、10月22日㈫に、横浜アリーナ(神奈川県)で開催されました。
大阪代表選手の頑張りを間近で応援しようと、大阪府美容組合からも応援ツアーを組み、前日から神奈川へ入り、当日は朝早くから会場で熱い声援を選手に届けて下さいました。大阪からは、「ヘアスタイル競技の部」﨑山貴行選手、「ストリートカット競技の部」三枝文香選手、「カット&ブロー競技の部」植田圭司選手・菊池仁選手・佐野絢菜選手、「中振袖着付競技の部」林千夏選手、「洋装ブライダル競技の部」安西初栄選手、「花嫁化粧着付競技の部」水流こずえ選手・山地眞澄選手、「メイク競技の部」植木麻衣選手の合計10名の代表選手が出場し、全国から選ばれた271名の出場者と、日頃の美容技術の研鑚の成果を競う熱い戦いを繰り広げました。競技終了後、新たな試みとして、全種目のモデルが会場を美しく華やかにウォーキングし、会場全体が競技中とは違う雰囲気となりました。写真撮影をされる方々で場内は大変な盛り上がりとなりました。
また、次回開催地として、大阪府美容組合視察団が登壇し、来年の全日本美容技術選手権大会を大阪で開催するPRを行いました。いよいよ表彰式が始まり、順位が発表されると、舞台上で表彰された上位入賞者は感動の涙を流し、会場内では大きな歓声があちらこちらで上がりました。選手の皆さんの長く、熱い一日は終了いたしました。

会場となった神奈川県の横浜アリーナ

このボードを見ると否が応にも気持ちが高ぶってきます。

広い広い横浜アリーナのメインホール

入場する大阪代表の選手の皆さん

開会の挨拶をされる神奈川県の澤飯廣英理事長

挨拶をされる全日本美容業生活衛生同業組合連合会の吉井眞人理事長

メイク競技の植木麻衣選手

カット&ブロー競技の植田圭司選手

カット&ブロー競技の菊池仁選手

カット&ブロー競技の佐野絢菜選手

ヘアスタイル競技の﨑山貴行選手

花嫁化粧着付競技の水流こずえ選手

洋装ブライダル競技の安西初栄選手

ストリートカット競技の三枝文香選手

次回、第42回大会の開催をアピールする大阪の大井孝理事長と応援の大阪の先生方

優勝者の方々。来年はこの中に大阪からの選手がいることを願っています

カット&ブロー競技の部で3位入賞に輝いた菊池仁選手

大会では、各県より駆け付けた仲間たちの応援の中、熱いステージが展開されました。大阪の選手の方々が日々練磨された技術を大いに発揮されている様子を見て、大阪からの応援チームはそれぞれに頑張って!!と、思わず熱い気持ちになりました。そして結果発表…、カット&ブロー競技の部で大阪代表の菊池仁選手が3位入賞、続いて植田圭司選手、佐野絢菜選手が入賞されました。心よりおめでとうございます。これからも自分自身のステップアップのため、大きな目標達成のために頑張って頂きたいと心より願っています。本当にお疲れ様でした。また、来年は大阪で全国大会が開催されます。大阪組合員の方々の大きなお力添えを頂いて第42回全日本美容技術選手権大会を成功させたいと思います。
教育部長 僧頭久恵