TOP > News

News

第36回全日本美容技術選手権大会 開催!

平成20年11月18日(火)、福岡県の(財)福岡コンベンションセンター「マリンメッセ福岡」において第36回全日本美容技術選手権大会が開催されました。

(財)福岡コンベンションセンター「マリンメッセ福岡」

(財)福岡コンベンションセンター「マリンメッセ福岡」

本大会は、日本の美容業界で最大且つ、最高権威を誇る競技大会となっており、今回も全都道府県から厳しい予選を勝ち抜いた優秀美容技術者233名が参加し、その技を競いあった。優勝した各種目の「日本一」には厚生労働大臣賞などが、授与され、特に前年度より、花嫁化粧着付競技とヘアースタイル競技の日本大賞者には、新たに総理大臣賞が付与されますます業界屈指の権威と栄光を誇る競技会になりました。

当大阪美容組合からも選手、役員、応援団が前日より現地入りし、当日は、9時より選手入場、福岡県美容組合理事長、全美連理事長、各来賓の挨拶に続き、優勝旗の返還、選手宣誓後厚生労働省健康局長表彰があり、いよいよ競技が始まりました。カット&ブロー、ユース、ヘアスタイル競技に続きネイル競技、洋装ブライダル、中振袖着付、花嫁化粧着付競技とステージは続き、午後2時にはすべての競技、審査が終了し、今年度から同時開催となった全日本美容講師会TM(トップマスターズ)ステージでは「DREAM」というテーマのもと、九州・沖縄ブロックステージの「Hikari」と、全国ステージの「Rose」というサブタイトルで会場をいっぱいに使った華やかなショーが繰り広げられました。

また、アトラクションでは、「和太鼓」「TAO-RED」の力強い演奏が会場いっぱいに響き渡り、今回の大会を盛り上げました。

次回開催県(石川県・21年10月20日開催)のPRステージの後、いよいよ表彰式には上位入賞者の表彰ののち、いよいよ各競技種目の優勝、準優勝、3位の表彰があり、閉会となりました。

ヘアスタイル、ユース、カット&ブロー 競技ステージ

ヘアスタイル、ユース、カット&ブロー 競技ステージ



洋装ブライダル 競技ステージ

洋装ブライダル 競技ステージ



中振袖着付、花嫁化粧着付 競技ステージ

中振袖着付、花嫁化粧着付 競技ステージ



各、競技の上位入賞者は以下の通り

ヘアスタイル競技 優勝作品

ヘアスタイル競技 優勝作品

ヘアスタイル競技
優 勝  澤谷充保(東京都)
準優勝  蜜沢大輔(長野県)
第3位  佐渡千代(東京都)

花嫁化粧着付 競技 日本大賞作品

花嫁化粧着付 競技 日本大賞作品

花嫁化粧着付競技
日本大賞  井手口まどか(福岡県)
金賞1位  澁谷雅子(千葉県)
金賞2位  貝﨑敏子(滋賀県)

中振袖競技 優勝作品

中振袖競技 優勝作品

中振袖着付競技
優 勝  青木さおり(沖縄県)
金賞1位  岡 批路子(大阪府)
金賞2位  藤原美保(熊本県)

洋装ブライダル競技

洋装ブライダル競技

洋装ブライダル競技
優 勝  子髙呼可(山梨県)
準優勝  平田真由(愛媛県)
第3位  木村涼子(石川県)

ユース競技 優勝作品

ユース競技 優勝作品

ユース競技
優 勝  水谷達也(愛知県)
準優勝  黑川博晶(群馬県)
第3位  清水美貴(岡山県)

カット&ブロー競技 優勝作品

カット&ブロー競技 優勝作品

カット&ブロー競技
優 勝  早川真代(愛知県)
準優勝 小林美貴(京都府)
第3位 金井香織(富山県)

ネイル競技 優勝作品

ネイル競技  優勝作品

ネイル競技
優 勝  細井祐美(埼玉県)
準優勝  佐々木文香(群馬県)
第3位  仲田智美(茨城県)

大阪府美容生活衛生同業組合からの表彰並びに入賞者は以下の通りです。

中振袖着付競技  金賞1位  岡 批路子(守口支部)
ヘアスタイル競技  入 賞  田本香奈枝(中央支部)
ネイル競技      入 賞  南條加奈子(福島支部)

中振袖着付競技 金賞1位 岡 批路子選手(守口支部)

中振袖着付競技 金賞1位  岡 批路子選手(守口支部)



ヘアスタイル競技 入賞 田本香奈枝選手(中央支部)

ヘアスタイル競技 入賞  田本香奈枝選手(中央支部)



ネイル競技 入賞 南條加奈子選手(福島支部)

ネイル競技 入賞  南條加奈子選手(福島支部)