TOP > News

News

第50回大阪府美容技術選手権大会が開催されました。

大阪府美容生活衛生同業組合主催の第50回大阪府美容技術選手権大会が6月13日(月)豊中市のよみうり文化ホールにて開催されました。

第1ステージはワインディング(養成校学生)まとめ髪(養成校学生)
第2ステージはワインディング(一般)カット【サロンスタイル】(一般・養成校学生)
第3ステージはカット&ブロー、ユース、ヘアスタイル、ネイル、まとめ髪(一般)

第4ステージは留袖着付(人形ボディ)留袖着付(人間モデル)中振袖着付(人形ボディ)中振袖着付(人間モデル)の14競技が行われました。
また一部の競技については8月29日に行われる大阪・近畿ブロック美容技術競技大会の選考も兼ねており、出場選手達の手にも更に力が入っていました。

今回の大会では、特別審査員として野田皆子氏、そして養成校代表審査員として、木羽敬治氏(グラムール美容専門学校)、出水良子氏(NRB日本理容美容専門学校)、保道真知恵氏(大阪ビューティアート専門学校)、ネイル審査員として森川祐子氏(タカラインターナショナルネイルカレッジ)をお迎えし、組合技術委員からは、岩見和彦氏、僧頭久恵氏、大西與晶氏、首藤亨氏、酒井隆司氏、澤田洋一氏、渡壁友子氏、中田優子氏、岩見悠紀子氏、黍野さつき氏が審査員を務められました。

競技ステージが終了後、田本香奈枝新技術委員による「お披露目ステージ」が行われました。昨年の全国大会で準優勝した腕前を如何なく発揮されていました。

引き続き野田皆子氏による経営セミナー講演が行われました。いつも野田皆子先生は迫力のある話口調で聴衆を野田ワールドに引き込んでいかれました。

表彰式では、橋下徹大阪府知事(大阪府健康医療部環境衛生課課長補佐・倉持隆氏代読)、平松邦夫大阪市長(大阪市健康福祉局健康推進部生活衛生課保険主幹・衣田敏之氏代読)、須山裕二大阪美容器具卸商協同組合理事長より祝辞を頂戴し、その後競技の総評を大阪地区理容師美容師養成施設協議会木羽敬治氏、美容組合教育委員僧頭久恵氏、全日本美容講師会会長野田皆子氏より頂戴しました。

そして最後に髙田満子美容組合副理事長の閉会の辞をもって大会は無事終了しました。

選手の皆さん大変お疲れ様でした。8月に行われる大阪・近畿ブロック美容競技大会に向けて頑張ってください。

カット&ブロー〔サロンスタイル〕競技の部

勝 みゆきさん

昨年は3位、今年は1位を頂きました。ここまで導いて下さった先生のお蔭です。慢心せず、次の大会もがんばりたいと思います。

ユース〔クリエイティブ・ファッション〕競技の部

植田 圭司さん

今回の大会で、また新たな課題も見つかり、次回の近畿大会でも良い成績が残せるように、より一層頑張ろうと思います。

ワインディング競技の部

國安 香好さん

優勝とても嬉しかったです。これを踏み台にして次の大会も優勝目指して頑張りたいです。この経験を生かして日々の営業も頑張ります。

カット〔サロンスタイル・ウィッグ〕競技の部

加美 和志さん

とても嬉しいです。これからも積極的に参加していこうと思います。皆さんでコンテストを盛り上げて行きましょう。

まとめ髪競技の部

沖 愛香さん

優勝できてうれしいです。ご指導して頂いた先生には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも頑張ります。

中振袖着付競技の部

内田 沙織さん

念願の優勝という賞を頂き、周囲の方々に感謝すると共に、美容師という職業を選んで良かったと思った瞬間でした。

留袖着付競技の部

尾前 美穂さん<

ご指導して下さった先生や周囲の皆様のおかげで優勝することができました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

中振袖着付〔人形ボディ〕競技の部

河本 晴香さん

まさかの優勝で、自分でも驚きました。周りの人々のおかげだと思いますので、これからも感謝の気持ちを忘れず頑張っていきます。

留袖着付〔人形ボディ〕競技の部

辻口 隆子さん

いろいろな方々との出会いにより育てていただいていると感謝しております。これからもよろしくお願いいたします。